MENU

体力温存はこのためだったのか。

今日は、待ちに待った主人の給料日だ。
手取りがそう多くない上、何に使ったのか無駄遣いしたわけじゃないのに先月はギリギリだった。
財布に500円しか入ってないから下ろしにいかなきゃ、と思いながら出かける準備をしていた。
銀行行く前に娘と公園で遊ぶつもりで家を出た。
だいぶ涼しくなったけど、娘を抱っこすると暑いな。

 

公園は誰もいなかった。
だってまだ9時だしね。
ここの公園は、ちびっ子用の滑り台があるから助かる。
普通の滑り台だと、高くて怖いから娘は1人で滑れない。
私が一緒に滑らないといけないのだ。
でも、ちびっ子用の滑り台だと1人で滑ってくれるから、私は見学者になれる。
それだけだけど、体力温存出来るのは助かる。
ひたすら滑っては登る娘を見学して、そろそろ飽きたっぽいから買い物に行こうと誘ってみた。
前は、泣いて意地でも帰らないアピールをしてたのに、最近は少し成長したのかすんなり受け入れてくれる。
お利口さんだね〜とヨシヨシしてあげた。

 

さ、銀行行ってスーパー行って帰ろうね〜って娘に話し掛けた瞬間、あぁ〜やってしまった。
通帳忘れた。
カードは主人が持ってるから、私が銀行行く時は通帳を持って来ないといけないのに。
忘れた。
財布には500円しか入ってないのに。
ウチの前はとんでもない坂で、それを娘を抱っこして2往復なんてきつすぎるのに。
ショックすぎる。
でも、仕方ないよね。
買い物出来ないもんね。
ここ1週間食材買えなかったから、買い物しなきゃ何もないし。
通帳取りに帰ろう。
さっき温存した体力を使うしかないね。
娘よ、ありがとう。

 

 

サラリーマンの雑所得の納税

人気ライトノベル作家が、脱税で告発された、というニュースが流れていました。
私は、その作家の書いた本を持っており、好きな作家でもあったのでちょっとショックでした。
変な事書いて問題になるくらいならまだいいのですが、脱税はちょっと許せない犯罪だと思います。

 

働いている人は多かれ少なかれ納税しており、納税は日本人の義務の1つにも数えられています。
確かにたくさん稼いでいる人は、多すぎる税金に不満もあるかと思いますが、だからと言って脱税していい理由にはなりません。

 

この作家には大いに反省してもらい、今後の活動につなげてほしいところですが、私的にはファンを続けるかちょっと微妙ですね…。
私はサラリーマンなので、基本的に税金は天引きという形となっています。

 

しかし、同時に私は、小遣い程度の副業もやっています。
なので、納税については、告発されたラノベ作家のことは人ごとではありません。
サラリーマンが、給料以外に20万円収入を得た場合、雑所得として、確定申告する義務が生じます。

 

これまで、私は20万円を超えたことはありませんが、どうも来年あたり20万円を超えるかもしれなくなりました。
そこで確実に申告しないと、そのラノベ作家のことを言えなくなります。
ですので、来年はちゃんと確定申告しようと思います。

 

 

ネットの在宅ワークで文章作成の仕事は履歴書に書けるのか

ネットも在宅ワークという形で副業ができますが、その内容は多岐にわたります。
プロジェクトをこなしてれば、アルバイトに匹敵するようなお金をもらえますが、タスクなどの簡単な作業は中学生のお小遣い程度になります。
これらの仕事は履歴書に書けるのか、疑問に思う時があるのですが、履歴書に書けるかどうかは自分のやっている内容によります。

 

履歴書に書く以上は最低でも生活できるぐらいの収入は無いとふざけている、考えが甘い、社会を舐めていると誤解されてしまいます。
何故かというと、アルバイトの方が社会勉強や収入の面に置いても、圧倒的に上になってしまう可能性が高いためです。
それならもっと稼げるアルバイトをすれば、同じ時間でも天と地の差が出てしまいます。

 

しかしアルバイトには面接があるため、受からないとお金を稼ぐ事はできません。
在宅は自分の技術次第になるため、登録だけで仕事を始められますが、稼げるか稼げないかは自分次第になってしまいます。

 

これぐらい差があるので、在宅ワークを履歴書に書く場合はそれなりの理由が必要になると思います。
ここをちゃんとやらないと、単にアルバイトが面倒や楽なほうに逃げていると思われてしまう可能性が高いです。

 

 

みんな会社みすぎじゃない?

最近、そういう時期でもないのに、ちょっと仕事が忙しいなと感じる日が多かったりします。
仕事で楽をしたいというわけではありませんが、あんまりへとへとになるのもあんまり望ましい状況ではありません。
家に帰ってから勉強をしたり家事をしたり、意外と帰ってからだってやることはいっぱいあるのです。

 

なので、ここ最近の忙しさや疲れ具合はなんでだろうと、最近思っていました。
ふと思い出したのが、職場で体調不良でお休みをする人が多いということです。
毎日誰かが休んだりとか、タイミングの悪いときには3人くらい休みの人がいたりします。

 

風邪や体調不良ということもありますが、子どもの体調不良とかでお休みするお母さんだっています。
私はこの職場になってかれこれ3年が立ちますが、いままで一度も遅刻や欠勤をしたことがありません。
体が丈夫だという認識はありませんが、めったに風邪をひきませんし、風邪をひいても一日寝たら治ってしまうことが多いです。

 

運というのもあるのかもしれませんが、本当に会社を休むくらいの体調不良には縁がありません。
もちろん会社は極力休みたくありません。
休むとそのあと、休み明けの自分の仕事が大変になるという強迫観念にも似た恐怖心があります。

 

他人にも迷惑をかけることになりますし、出来れば休まずに済むのがいちばんです。
時には仕方のないこともあるかもしれませんが、それにしても、毎月お休みしていたりはさすがにどうかと思ってしまいます。
もうちょっと余力を残せるように働けるとよいのですが、道のりはまだ遠そうです。

 

 

共働きスタイルで専業主婦です

家賃だって、高すぎるのが30代です。
どうして、手取り収入23万円で、10万円近い所に住めるのか、不思議です。
相当に切り詰めているはずです。

 

しかし、家にずっといます。
光熱費はかかるはずです。
夫には、今まで、自分が働いてきたお金を使うといっているのでしょう。

 

このままでいくと、夫の帰りも早いので、夫は副業に土曜日も日曜日も出かけなければなりません。
子供は1歳だからと言って、貯金ができていると、夫を錯覚させています。
夫は、リストラにあうことを考えていませんし、働くだけで精一杯なので、貯金ができているという言葉だけを信じて、金額までは気にしないのです。

 

ところが、子供が大きくなって貯金ができない時代に入り、貯金通帳を開けてみると、貯金はされていても、年間12万だったりするのです。
こうなると、妻のさげまんに気が付くことになるでしょう。
どうして、夫が、8時から6時ごろまでしか働かないし、土日が休みなのに、給料が高いはずがないのです。

 

夫は、共稼ぎの家のスタイルを自然にとらされています。
共稼ぎのスタイルをとる会社に勤めて、専業主婦の妻を養うのです。
あまりにもできないことではないでしょうか。
早くそのことに気が付いてほしいです。

 

 

私の会社を辞めたくなった体験談

私は幾度となく会社を辞めたいと思ってきました。
そう思ってるだけの時もあれば実際に限界がきて会社を辞めたときもあります。

 

どんな仕事もそうでが、業務に慣れるまでには時間を要します。
数カ月務めただけで、もう無理だ辞めると思うのは少し早すぎるかなと思います。

 

ある程度まで仕事を覚えて、人間関係も築いていって、初めてそこで辞めるか辞めないか決めてもいいのではないかなと思います。
私は親から会社を辞めたいと思ってもすぐには考えずに、最低1年はそこで頑張りなさいと言われています。

 

だから私は退職を考えても、1年は辛抱するようにしています。
そうすると辞めたいと感じていた気持ちに変化があります。

 

もう少し頑張ってみようかなという気持ちが出てくるのです。
とくに辞めても他にやりたい仕事がない人は現状維持する方がいいと思います。
とりあえず目の前にあることを頑張ってみて、その中で何か他にやりたい事が出来た、そう感じたときに会社を辞めるでいいと思うのです。

 

会社を辞めると言う事は、人間関係を新しい会社でイチから築いていかなければなりません。
精神的にも大変だと思います。

 

何故会社を辞めたいか、よく考えてから辞めるのが正解です。
それは辞めて後悔しないためでもあります。

 

 

おすすめサイト

 

参考:「仕事やめたい

 

こちらは、管理人が参考しているサイトです。
会社を辞めたくなった体験談が、多数掲載されています。
もう嫌だ!と思ったら一度読んでみてください。

更新履歴